人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます。

2010年12月07日

空き地に土管が置いてある理由

Q.なぜ昔は広場に土管が置いてあったのか?



私はテレビとかをよく見る人間です。
特にドラえもんなんかは非常に好きです。
のびた、ジャイアン、すねお・・・。


そんなほのぼのした気持ちで
ドラえもんを見ていると、
ふと、疑問がわいてまいりました。


それは現在の空き地では、あまり土管は
見かけないが、なぜ昔は土管が置いてある
空き地が多かったのかということです。


というか、本来あの土管は
何に使われるものなのかという
そもそもの理由を知りたくなりました。


そこで、土管はなぜ空き地に置いてあったのか。
また、土管は本来なにに使われるのかを
調べてみると意外な答えがありました。



A.「土管とは@下水工事に使われるものであり、
Aあの時代にたくさん工事してたから空き地にあった
というわけです。」


解説しますと、土管とは
下水工事に使われるものなんです。


そしてあの時代、ぼっとん便所から水洗便所に
移りかわっていた時代で、いろんな場所で
たくさん工事をしていたので
空き地があれば、土管や工事の資材を
そこに置いていたそうです。


今では、下水道は修理ぐらいしかないため
正規の保管場所に置いているらしいですけどね。


うーん、まさかその当時の時代背景が絡んでいるとは。
思わぬ深い結論にいたってしまいました。



あー、スッキリした。





ラベル:土管 広場 空き地
posted by たつや at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。